「Nabanga」の翻訳作業もようやく半分。原本では、収録した民話をバヌアツ列島を北の島から南へ移動するかたちで編集してあるが、当翻訳版では、これまでは訳者の勝手で、あちこち飛び飛びに紹介してきた。後半は原本の順番に沿って訳して行きたい。

エピ島が属するSHEFa州は、首都ポートビラのあるエファテ島をはじめ、比較的早くからヨーロッパ人による「開拓」が進んだ。19世紀半ばには、米国の南北戦争での綿の需要増をあてこんだ綿花栽培が行われ、それを契機に白人の定住が始まった。戦後の1872年には、エピ島ではバヌアツで最初の奴隷狩り(Blackbirding)が行われ、7千人いた島民の多くがオーストラリアやフィジーに連れ出され、1千人にまで減ったと言われている。

現在、エピ島に住む4千人の人たちの殆どは原始農漁業で暮らしているが、ジュゴン(人魚)と会える島として、エコツーリズムによる村おこしも盛んに行われており、首都から毎日定期便が出ている。(と言っても定員19名の小型機が1便だけだが)

☆ おばあさんとバナナの木
☆ 岩に囚われた娘


おばあさんとバナナの木

昔むかし、エピ島におばあさんがいました。バナナが大好きで、家のまわりにバナナの樹をたくさん植えました。ある日のこと、村の人たちはみんな隣村へ出かけましたが、おばあさんは孫娘と二人だけで家にいました。二人は家のすぐそばで変な音がするのに気がつきました。それは、おばあさんが植えたバナナの木の方から聞こえてきました。

 ロボエ ロボエ タルンベ レレ ア ボマエ ランベ ニニベ
 テラ テラ テレル テレルベ テレ テレアルベ テレルブエ

「誰が畑で歌ってるんだろう?」とおばあさんが言いました。
「ばあちゃ、外には誰もいないよ!」と孫娘が答えました。

しばらく静かでしたが、また同じ歌が聞こえてきました。

 ロボエ ロボエ タルンベ レレ ア ボマエ ランベ ニニベ
 テラ テラ テレル テレルベ テレ テレアルベ テレルブエ

孫娘が外を覗いてみると、風もないのに、バナナの葉っぱが揺れていたので、びっくりしました。そのことをおばあさんに言うと、おばあさんはとても怒りました。おばあさんは杖をつかむと、バナナの木のところに行って、バンバンバンと力まかせにたたき続けたので、バナナの木はメチャメチャになってしまいました。

おばあさんが怒ったので、バナナの木は大きくなるのをやめました。だから、今でもバナナの木は背が低いのです。もし、あの時おばあさんが怒らなかったら、バナナの木はヤシの木のように大きく伸びて、あの歌を歌い続けていたはずです。

 ロボエ ロボエ タルンベ レレ ア ボマエ ランベ ニニベ
 テラ テラ テレル テレルベ テレ テレアルベ テレルブエ


岩に囚われた娘

その昔、年寄りの男が若い女を好きになった。本当のことを言うと、まだ子供のような娘だったのだが、男は娘の父親のところに結婚の承諾をもらいに行った。父親は大喜びで娘を年寄りの男の嫁にやることにして、嫁入り前の別れのご馳走を作った。それがすむと、娘は父親に連れられて夫の家に行った。夫になる男を見て、娘は悲しくなった。とても愛せるとは思えなかったのだ。だが、娘が何も言わなかったので、父親は娘をおいて家に帰った。

その夜、若い妻は、夫がぐっすりと眠るのを待って、こっそり家を出ると、自分の村に戻った。次の日、父親は娘を夫のもとに送り返した。娘は何度も逃げたが、その都度父親に送り返された。ある日、娘に考えが浮かんだ。自分の村に帰らなければよいのだ。誰にもみつからないように、森に隠れよう。それから数日して、娘は森の中に逃げ込んだ。

娘は何日も何も食べずに歩き続け、疲れ果てて倒れる直前にナバラを見つけた。発芽したココナツの実だ。それを拾ってまた歩き続けると、大きな岩があった。その岩でナバラを割って食べ、元気を取り戻そうと思ったのだ。そう考えて岩に登ると、何とも不思議なことが起きた。その岩が娘を乗せたままどんどん大きくなり、空に届きそうになったのだ。恐ろしくなって飛び降りようとしたけれど、もう高くなりすぎていた。岩から逃れようがなくなったのだ。

岩の上にたった一人、食べるものはナバラしかなかった。娘は泣き出した。さんざんに泣いて、下を見ると、その岩は大きな湖の真ん中にあることが分かった。岩のまわりを、大きなウナギがグルグルと泳ぎまわっていた。もうそこから逃げようがなかった。

しばらくして、娘の家族は、娘に何が起きたのかを知り、どこにいるのかも分かった。彼等は岩のところに行って、娘が岩のてっぺんにいるのを見つけた。何とか下ろしてやろうとしが、どうにもならなかった。とても悲しかったが、娘を運命に任せるしかなく、村へ帰っていった。

娘は岩に囚われたまま生き続け、そして死んだ。その岩は、マエモラルと呼ばれている丘のむこう側の、あの岩だ。