百名山文庫本

「日本百名山」は、作家の深田久弥が戦前から雑誌に連載した山の随筆を、一冊にまとめたものである。地味な内容で、1964年に出版された当時は注目されなかったが、80年代に中高年登山ブームが起き、山好きの皇太子の愛読書と噂され、深田の選んだ百名山が中高年登山のブランドとして定着した。

百座の選定にあたり、深田は「山の品格・歴史・個性の3点を考慮した」と書いている。残り時間の少なくなった中高年にとって、百という目標数は適切である。限られた山行で日本の山の良さを感得できるという点で、優れたガイドラインを残してくれたと思う。

深田がこれらの山に登ったのは戦前から戦後間もない頃で、車道はおろか登山道もなく、猟師を雇ってケモノ道をたどり、藪をこぎ、沢をよじ登った。深田の本からは、そんな山登りの醍醐味が伝わってくる。

「列島改造」で林道が拓かれケーブルも架けられた。お手軽な登山を批判する人もいるが、我々のように中高年になって山歩きを始めた非力なハイカーでも、日本を代表する山の頂に立てるようになったのは、有難いことだと思う。

我々(小生と連れ合い)は若い頃は登山に縁が薄く、特に30代から50代半ばまでハイキングに出かけることさえ無かったが、定年間際になり、連れ合いに尻を叩かれるかたちで百名山を始めた。当初は中高年の登山ツアーに参加し、ついて行くのがシンドイことも多かったが、次第に様子が分かったので、最終段階では自分たちのペースで登りながら、写真やスケッチを楽しむことにした。2009年8月、奥穂高岳で百名山を完登することが出来た。

言わずもがなの言いわけをしておく。百名山の登山と山岳写真は両立しない。登頂目的の登山では、天候にかかわらず、最短距離・時間のルートを懸命に歩く。荷物を少しでも軽くしたいので、三脚も交換レンズも持たない。休憩ついでにチョコッと撮るのが精一杯で、場所を選んで微妙なシャッターチャンスを待つ余裕など、ない。従って、ここに掲載する写真はヘボばかりである。山岳写真をご期待の方は、「友山クラブ」のホームページなどをご覧いただきたい。

地域 掲載した日 「百名山」
北海道篇 2009/6/5 利尻岳、羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳、旭岳、トムラウシ、十勝岳、幌尻岳、後方羊蹄山
東北篇 2009/7/1 岩木山、八甲田、八幡平、岩手山、早池峰、鳥海山、月山、朝日岳、飯豊山、蔵王、磐梯山、吾妻山、安達太良山
北関東・上信越篇 2009/8/1 那須山、会津駒ケ岳、燧ケ岳、至仏山、奥白根山、皇海山、男体山、武尊山、谷川岳、赤城山、苗場山、巻機山、越後駒ケ岳、平ヶ岳、雨飾山、火打山、妙高山、高妻山、四阿山、草津白根山、浅間山
関東甲信篇 2009/9/1 美ヶ原、霧ヶ峰、蓼科山、八ヶ岳、木曽御嶽、富士山、金峰山、瑞牆山、大菩薩嶺、甲武信岳、雲取山、両神山、丹沢山、筑波山、天城山
北アルプス‐1 2009/10/1 2009年の登山レポート
白馬岳、鹿島槍ヶ岳、黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、奥穂高岳
北アルプス‐2 2009/11/1 2008年以前に登った北アルプスの山: 剣岳、立山、薬師岳、笠ヶ岳、焼岳、乗鞍岳、常念岳、五竜岳、槍ヶ岳
残雪の立山 2009/6/5 百名山番外篇。残雪の室堂周辺
中央・南アルプス 2009/12/1 木曽駒ケ岳、空木岳、甲斐駒ケ岳、千丈岳、鳳凰三山(薬師岳)、北岳、間ノ岳、塩見岳、悪沢岳、赤石岳、聖岳、光岳
富士山 2010/1/1 百名山番外篇。2009年の富士再登、富士山を撮る、百名山から見た富士、郷里の○○富士など
西日本篇 2010/2/1 白山、伊吹山、恵那山、大峰山、大台ケ原、荒島岳、大山、石鎚山、剣山、九重山、祖母山、阿蘇山、霧島山、開聞岳、宮之浦岳

その後の登山レポート
地域 掲載した日 内容
2016年山歩きレポート 2017/1/1 高尾山、新緑・紅葉の乗鞍高原、宝剣岳、富士山
2015年山歩きレポート 2016/1/1 高尾山、冬の裏磐梯、高柄山、高川山、八方池、東天狗岳、櫛型山
2014年山歩きレポート 2014/12/1 活火山について、厳寒の八ヶ岳、武甲山、立山、唐松岳、富士山、箱根明神ヶ岳、奥大日岳
2013年山歩きレポート 2013/11/1 北八ヶ岳、北岳(キタダケソウ)、荒川三山、木曽御嶽、霞沢岳
2012年山歩きレポート 2012/12/1 後立山冬景色、浅間山、裏銀座・雲の平、志賀高原など
2011年 登山レポート 2011/11/1 古稀で登った山、登りそこねた山
白神山地、燧ケ岳、筑波山、常念岳・蝶ヶ岳
2010年 リベンジ登山篇 2010/9/1 ひどい目にあった山のリベンジ登山など
久住山、阿蘇山、高千穂峰、西穂高独標、至仏山、槍ヶ岳