富士の日の出、北岳山荘から
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

正月と言えば初夢。初夢と言えば「一富士、二鷹、三茄子」と昔から相場が決まっている。二、三はともあれ、一の「富士」が末広がりのめでたいお山であることに誰も異論がないだろう。そんな縁起にあやかって、今回の特集は「富士山」。以前に使用済の写真もあるがご了承いただきたい。

国際線が羽田から発着していた頃、仕事で太平洋を往復した。出張が長引くと日本がやたら恋しくなる。帰国時に運よく窓際の席が取れ、飛行機が高度を下げ始めると、前方の雲上に目を凝らした。最初に見える「日本」が、富士山なのだ。雲上にポッカリ浮かぶ姿が見えると、「あゝ、無事に帰って来た」と感慨が湧いたものである。ジャンボになって窓際の席が取れるチャンスが減り、成田移転後は富士が見え難くなったこともあってこの楽しみを忘れていたが、昨11月にイタリア旅行から帰る折、久しぶりに雲上の富士が見えて昔を思い出した。

新幹線の旅でも、富士がきれいに見えると得をした気分になる。周囲に肩を並べる山がなく、理想的な曲線ですっくと立つ姿は、造化の神の傑作としか言いようがない。だが、現在の富士山が形成されたのは今から5千年~3千年前で、縄文人は激しく噴火・成長する富士を目撃した筈だ。富士五湖が出来たのは紫式部の時代、宝永の大噴火(1707年)は赤穂浪士討ち入りの頃で、地球時間では「ついさっき」の出来事である。富士がいつ噴火を再開しても不思議はないのだ。富士山が整った姿で鎮まっている今の日本に生きている我々は、ラッキーと言えるかもしれない。


富士登山 ‐ 2009年版

「一度も登らぬバカ、二度登るバカ」と言うが、09年9月7日に「二度目のバカ」をやった。12年前の登山で、小生は最高点の剣ヶ峰(3776m)に立ったが、連れ合いは酸欠で「山頂神社」(3715m)で無念のダウン。今夏の北アルプス歩きで自信を得たらしく、「今なら登れる!」とリベンジ登山を言い出し、小生もつき合ったのである。

山頂神社は8月末で閉じるが、大半の小屋はまだ営業していた。 前回と同じ須走口を登り、8合目(3250m)の小屋で一泊。翌朝3時に起きて山頂を目指した。シーズン中の登山道は盛り場のような雑踏だが、9月ともなると登山者の往来は北アルプス並。特徴的なのは登山者の年齢層で、北アでは8割以上が中高年だが、富士山は何故か殆どが若者、とりわけ若い女性の単独行が目立つ。聞くところでは、若者の間で富士登山が一種のファッションになっているという。これを契機に若者の登山人口が増えれば良いのだが、富士は登って楽しい山ではない。たぶん懲りる人の方が多いような気がする。

今回も酸欠気味の連れ合いのペースに合わせて牛歩で登り、山頂でのご来光には間に合わなかったが、両人で日本最高点の剣ヶ峰に立った。名物だった測候所の白いレドームが撤去され、無人化で廃墟のようになったのは残念。山小屋の物資補給で、ブルドーザーが山肌を無残に荒らしているのも気になった。山小屋で冷えたビール!など、下界の快楽を高山で実現する代償だが、登山者も、山で営業する人も、 物欲を霊山に運び上げるのは、程々にするべきだろう。

6合目から頂上を望む 登山道の花たち 登山道脇の小鳥居に供物 七合目まで約3時間 七合半で雲上に 八合目小屋前の影富士
八合目小屋から関東夜景 山頂に向けて出発 九合半でご来光 八ヶ岳、奥武蔵方面 丹沢方面 久須志神社頂上直下 久須志神社前から
伊豆岳から剣ヶ峰山頂

箱根方面

山頂に沈む月 沼津の先に伊豆半島 最後の「馬の背」がキツイ 残り100m! 測候所は無人になった
本栖湖の先に南アルプス、 南アルプスの南部 槍・穂高も見えた 河口湖、三ッ峠、奥武蔵 金明水から剣ヶ峰 山頂神社は店仕舞済み 砂走り下山道と山中湖

富士登山 - 1997年版

12年前の富士登山は「百名山-関東甲信篇」でレポート済だが、当時の山頂の様子やシーズン中の雑踏をご覧いただくため、再登場させていただく。

実は97年以前にも、途中まで二度登っている。88年夏、会社の同僚たちと登った時は悪天候で八合目で断念。96年10月は偵察のつもりで須走口七合目(2960m)まで登った。他に登る人もなく、草紅葉の先にうっすらと冠雪した山頂が見え、夏とは違う富士があった。(今思えば、10月の富士にシロウトが登るのは自殺行為。天候が急変しなかったのが幸いだった。)

「もう少し」で六合目 須走口六合半で影富士 七合目小屋から関東の夜景 九合目でご来光 頂上直下の雑踏 神社頂上の賑わい
大日岳から神社を見下ろす 富士宮口の頂上 最高点剣ヶ峰の測候所にあった名物の気象レーダー どの方角を撮ったか不明 96年10月の富士中腹

写真モデルとしての富士山

富士山を一年中追いかけている写真家が大勢いる。同じ季節・同じ場所で撮っても、撮る人によって違った味わいの作品が出来るのだから、富士は写真モデルとしても第一級なのだ。小生は「ついで撮り」が専門で、撮影のためにわざわざ出掛けたりしないが、2009年12月4日、所属する写真クラブの撮影会に運転手役で駆り出され、ガラにもなく三脚を立てて富士山と向き合った。

撮影ポイントは甲府盆地西の櫛形山。前日の大雨がウソのように晴れ上がり、申し分ない撮影日和になった。日没の富士を撮りに、3時過ぎに標高1800mの撮影ポイントに到着。先着のグループがいて、乗用車に篭城して3日目とのこと。1時間少々の撮影で退散する我々は肩身が狭く、翌朝は天候不良を理由に(実は二日酔いで)山上のポイントに登らず、麓のペンション前の撮影でお茶を濁した。(友山クラブホームページに簡単な撮影会レポートがあります。)

ペンション前から昼の富士 櫛形山頂近くの撮影ポイントから。 山頂は本格的に冠雪 撮影ポイントから夕暮れの富士 ペンション前から朝の不気味な富士

百名山から見た富士山

高い山から眺める富士はひときわ美しい。稜線のカーブが一層のびやかになり、裾野を雲で隠した姿はまさに絵のようだ。

山座同定の知識がなくても、富士山と槍ヶ岳は見えればすぐそれと分かる。富士山は、栃木県北部の那須、奈良の大台ケ原からも見えることがあるというが、我々の経験では、しっかりと感動的に見えるのは、富士から半径100km圏内だろう。気象条件が味方してくれる確率は5割以下で、我々の百名山登山で見た富士は以下に限られる。(登山の記事は、各特集ページをご覧いただきたい)

北岳山荘から夕方の富士 北岳山頂から昼の富士 甲斐駒ヶ岳から 八ヶ岳赤岳山頂から 浅間黒斑山から 美ヶ原から 甲武信岳から
雲取山から 大菩薩嶺から 瑞牆山から

「何とか富士」の異名を持つ百名山

日本には「何とか富士」と呼ばれる山が多い。全国的に知られる○○富士ばかりでなく、地元の人だけにそう呼ばれる「ローカル富士」が無数にある。羊蹄山のように完璧なミニ富士もあるが、中には「そう言われて見れば・・」という程度の「ムリ富士」も無いわけではない。

日本百名山の中にも「○○富士」が14座ある。「君は有名人の○○に似ているね」と言われて喜ぶ人もいるし、憮然とする人もいる。百名山に名を連ねるような個性的な名山が、「○○富士」と呼ばれて、嬉しがっているか、「オレはオレだ!」とむくれているのか、本人(?)に聞いてみたい気もする。

・ 利尻富士(北海道): 利尻岳(1721m)
・ 知床富士(北海道): 羅臼岳(1661m)
・ 斜里富士(北海道): 斜里岳(1547m)
・ 蝦夷富士(北海道): 後方羊蹄山(1898m)
日本百名山・北海道篇
・ 津軽富士(青森) : 岩木山(1625m)
・ 南部富士(岩手) : 岩手山(2038m)
・ 出羽富士(秋田・山形): 鳥海山(2236m)
・ 会津富士(福島) : 磐梯山(1819m)
日本百名山・東北篇
・ 日光富士(栃木) : 男体山(2484m)
・ 越後富士(新潟) : 妙高山(2454m)
日本百名山・北関東・上信越篇
・ 諏訪富士(長野) : 蓼科山(2530m) 日本百名山・関東甲信篇
・ 大野富士(福井) : 荒島岳(1523m)
・ 伯耆富士(島根) : 大山 (1729m)
・ 薩摩富士(鹿児島): 開聞岳(922m)
日本百名山・西日本篇

利尻富士
(利尻岳)
知床富士
(羅臼岳)
斜里富士
(斜里岳)
蝦夷富士
(羊蹄山)
津軽富士
(岩木山)
南部富士
(岩手山)
出羽富士
(鳥海山)
会津富士
(磐梯山)
日光富士
(男体山)
越後富士
(妙高山)
諏訪富士
(蓼科山)
大野富士
(荒島山)
薩摩富士
(開聞岳)
伯耆富士※
(大山)
(※伯耆富士の写真は借り物)