世界を巡る出展作品集目次→その1

友山クラブ写真展 出展作品集 その1  (1997 - 1999)


1997年2月 友山会・友山クラブ合同写真展 「世界へ写真でこんにちは」
会場: 新宿野村ビル 特設ギャラリー

作品タイトル:「ヒマラヤの空の下」 関連ページ: ネパール

「二代の年月」

撮影:1996年11月、ネパール 、カトマンズ近郊ドゥリケル峠

カメラ:ニコン N-90
レンズ:35-80mm
フィルム: Provia-100

昼食後、バスを待つ間にカメラを持って山道を歩いていたら、牛を引く老女に出会った。撮らせてくれと手振りで頼むと、娘を呼んで二人で並んでくれた。シロウトのまぐれ当たりで、光線の具合と言い、背景のボケ具合と言い、処女作にしては上出来だったと今も思う。

「町角にて」

撮影:1996年11月
カトマンズ近郊、早朝のパタン

カメラ: ニコンF-3
レンズ: 35-70
フィルム: Kodachrome-200

早朝に散歩していて、ゴミゴミとした一画に迷い込んだ。住民の朝は早く、町角のヒンズーの礼拝所に供え物をする人たちが絶えない。その食糧をあてこんだ子犬が2匹住み込んでいて、通りかかった幼い兄妹と目を合わせた。少々ピンボケのところが良いと、妙なほめられ方をした。

「菜の花畑」

撮影:1996年11月
カトマンズ近郊、バクタプル

カメラ: Nikon N-90
レンズ: 75-300
フィルム:Provia-100

赤道に近いが標高の高いネパールの季節感に戸惑う。11月の農家の庭に桜と菜の花が咲いていた。少年の農作業を望遠で撮ったので、かなりブレたが、ちょっと雰囲気のある写真になった。


1997年10月 友山クラブ写真展 「大自然・小自然」
会場: 渋谷 ドイ・フォトプラザ

作品タイトル:「樹霊」  関連ページ: 「日本」総集 九州・沖縄(仮掲載)

「石垣島」

撮影:1997年5月、八重山ヤシ園

カメラ: リコー GR-1
レンズ: 28mm
フィルム:Provia-100 

石垣島をドライブしていて、偶然に見つけたヤシ園で撮ったもの。一眼レフにフラッシュがなく、予備の超小型35mmで撮ったもの。小さなフラッシュがヤシの林を不気味に描き出した。

「西表島」

撮影:1997年5月 宇多良炭鉱廃墟

カメラ: ニコン N90
レンズ: 35-80mm
フィルム:Provia-100

エコツアーのカヌーで立ち寄った炭鉱跡。廃坑のレンガの柱をからめ取ったガジュマルに生命力を感じた。


1998年2月 友山会・友山クラブ合同写真展 「世界へ写真でこんにちは」
会場: 新宿野村ビル 特設ギャラリー

作品タイトル:「モンゴル・天と地の詩」  関連ページ: モンゴル

「大地の詩

撮影:1997年8月、
モンゴル南ゴビ、鷲の口高原

カメラ:ニコン N-90
レンズ:35-80mm
フィルム:Provia -100

坂を登りきると、眼前に図形的な起伏の地形が現れた。馬が走りだした瞬間をあわてて撮ったが、うまい具合に構図に収まった。シロウトのまぐれ当りだが、見知らぬ来場者に買い上げていただいた作品。

「空と地の間」

撮影:1997年8月
南ゴビ ツーリストキャンプ

カメラ: ニコン N-90
レンズ: 75-300
フィルム: Provia-100

司馬遼太郎が泊まったという南ゴビのツーリストキャンプ。夕食後に望遠で料理番の一家が住むゲル(天幕)を撮っていたら、主人が気にして出て来た。

「驟雨来る」

撮影:1997年8月
バヤンゴビ高原

カメラ: Nikon N-90
レンズ: 80-300
フィルム: Provia-100

夕方になると草原にスコールが来る。雨が雲から落ちるものと納得できる。


1998年10月 友山クラブ写真展 「大自然・小自然」
会場: 渋谷 ドイ・フォトプラザ

作品タイトル: 異峯デヴィルズタワー  関連ページ:アメリカ合衆国 北西部

「怪峯出現」

撮影:1993年9月、米国ワイオミング州

カメラ:ニコン F3
レンズ:Promaster 80-300mm
フィルム:Fujichrome-100 

スピルバーグの「未知との遭遇」の舞台となった異景。押し出されたマグマが地中深くで固まって柱状節理となり、周囲の土壌が浸食で流れ去ったもの。地面のロール状のものは刈り取られて丸められた保存用の牧草。

「岩峯クライマー」

撮影:同上

カメラ: ニコン F3
レンズ: 35-70mm
フィルム:Fujichrome-100

デヴィルズ・タワーの柱状節理を登るクライマーが多い。この写真にも6人写っている。


1999年3月 友山会・友山クラブ合同写真展 「世界へ写真でこんにちは」
会場: 新宿野村ビル 特設ギャラリー

作品タイトル:「地球力・イエローストーン」  関連ページ:アメリカ合衆国 北西部

「オールド・フェイスフル(巨大間欠泉)」

撮影:1994年9月、
米国ワイオミング州

カメラ:ニコン N-90
レンズ:35-80mm
フィルム:Kodachrome-200

イエローストーン国立公園の名物の大噴泉は70分毎に律義に噴出するので、「正直爺さん」と呼ばれる。これは日没前の噴出を撮ったもの。

地球エネルギーを感じる、との評価をいただき、買い取られた作品。

「噴泉と雷雲」

撮影:同上

カメラ: ニコン  N-90
レンズ: 75-300mm
フィルム:Fujichrome-100

絶えまなく流出する高温の温泉は自然のまま川に流出する。日本的に考えると「もったいない」が、自然に手を付けないのが国立公園のルール。

「ティーカップ(小さな噴泉)

撮影:同上

カメラ: Nikon N-90
レンズ: 35-80
フィルム:Fujichrome-100

大噴泉と対照的にかわいらしい噴泉。


1999年10月 友山クラブ写真展 「大自然・小自然」
会場: 渋谷 ドイ・フォトプラザ

作品タイトル:「アラスカの大地」 関連ページ: アメリカ合衆国 太平洋地域

「ユーコン川」

撮影:1995年2月、アラスカ上空(空撮)

カメラ:ニコンN-90
レンズ: 28-200mm
フィルム: Fijichrome-400 

ものずきに、2月にアラスカ最北端のバロー岬を見に行った。フェアバンクスからデッドホースに飛ぶ定期旅客機の窓から撮影。撮影条件が悪く、先生から「ふつうの人は撮らないよね」と言われた。

「ブルックス山脈」

撮影:同上

カメラ:ニコン N-90
レンズ: 28-200mm
フィルム:Fujichrome-400

新田次郎の「アラスカ物語」に書かれたブルックス山脈。氷の山脈に月が沈む。

作品集目次へ  作品集 その2へ  作品集 その3へ