百名山を終えて2カ月が過ぎた。卒業してホッとしたところで、百名山の卒業生がどのくらいいるのか気になった。検索したが、確たるデータは今のところ見つかっていない。

ヒットした情報の中に北海道・利尻岳の登山者数があった。登山路に自動カウンターを設け、通過した人数を記録したデータである。脇道がないので登山者数を正確に把握している筈だ。さいはての離島に聳える利尻岳は、行くのも登るのも面倒な山である。わざわざ登りに行く人の大半は百名山組だろうと、見当をつけてみた。利尻岳の登山者数は年間約1万人。その半数が百名山を達成したと仮定し、百名山ブームが始まってから25年として概算すると、達成者数は約12万人になる。いい加減な推量だが、当たらずとも遠からずかもしれない。

12万人は日本人の1千人に1人。百名山組は奇人変人の部類に入りそうだ。他に同じような集団がないか調べてみた。囲碁、将棋、柔道の有段者数はデータが有りそうで無い。ようやく珠算検定3級以上の合格者が年間約5千名と知った。小生が子供の頃、珠算3級以上はザラだった。電卓・パソコンの時代になって、珠算は百名山同様のマイナーな存在になったらしい。

百名山は、自分の時間が持てるようになった中高年の遊びである。今の若い世代が中高年になって百名山を目指すかどうか、見通しはあまり明るくなさそうな気もする。社会のエコ志向が進めば登山に目を向けるようになるかもしれないが。

それはともかく、今回は北アルプスの2回目として、2008年以前に登った山を特集した。記事を書きながら、夫々の山に個性があることに改めて気付かされた。山と語り合える境地にちょっとだけ近づいたかな?


剣岳 標高: 2998m 登頂: 2004年7月
 

剣岳登山は、百名山のハイライトと言って良いだろう。映画「点の記」で描かれたように、山頂部は難攻不落の岩の砦である。今は一般登山道が整備され、難所には頑丈な鉄梯子やステンレスの鎖、足掛かりのボルトが備えてあるので、我々のようなシロウトでも山頂に立てる。

それでも、足を滑らせれば墜死を免れない。我々が参加したツァーでは、事前のセルフビレー(自己確保術)の受講が条件だった。腰のベルトにカラビナ(金属製の輪)を装着し、それを岩場に固定された鎖に噛ませ、滑落してもケガを最小限に留める。だが、セルフビレーしたのは我々のグループだけで、他の登山者たちは鎖に捉まるだけで登っていた。事故は「万が一」だが、年間に数万人の登山者から数名の犠牲者が必ず出る。自分が「万が一」にならないよう、備えるに越したことはない。

朝3時に剣沢の小屋を出発。懐中電灯を頼りに登り口に着き、夜明けを待って登り始めた。前剣でセルフビレーの準備をして、鎖場毎にカラビナを噛ませて慎重に登る。「カニの縦這い」の難所を過ぎれば頂上はすぐそこ。朝8時50分、剣岳の山頂に立った。好天で絶景だったが、山頂での写真は数枚しかない。緊張が抜けたのと酸欠でボーっとしていたのだろう。

下山の方が筋肉に負担が大きく、注意力も要る。登り組との交差渋滞や、グループの年配者の足が鈍ったこともあって、小屋に戻ったのは午後4時を過ぎていた。この小屋には簡易シャワーがあって、汗をざっと流すだけで疲れを忘れる。水源や環境負荷の制約から、シャワーが設置できる小屋は少ないだろうが、出来れば欲しいものの一つである

立山(大汝山) 標高: 3015m  登頂:1965年6月 再登頂:2004年7月

立山は、富士山、白山と共に「日本三霊山」の一つである。立山信仰は奈良時代まで遡る。信仰の対象は雄山(阿弥陀如来)だけでなく、浄土山、大日岳(大日如来)、剣岳(針地獄)、地獄谷(血の池)などがセットになって、全体で仏界をあらわす曼荼羅になぞらえられる。だが山頂にあるのは寺ではなく、神社である。神仏混淆は日本的な融通無碍の象徴かもしれない。

雄山山頂の神社(標高3003m)までは、室堂でバスを降りてから2時間ほどで登れる。雄山で折り返す登山者が多いが、立山の最高点は、神社から20分ほど先の大汝山(3015m)である。

別山から剣岳。左の稜線を登る 剣沢小屋から夕暮れの剣岳 一服剣で日の出。鹿島槍と五竜 前剣。いよいよ岩壁に挑戦 頂上直下。左がカニの縦バイ カニの縦バイを登る 剣岳山頂 山頂から立山と別山
平蔵谷を覗きこむ この裏がカニの横バイ 室堂から立山の全貌 別山から立山と浄土山 雄山山頂は神域 雷鳥沢と大日岳 浄土山の奥に薬師岳 中学生の集団登山

薬師岳  標高: 2926m  登頂: 2008年7月

案内書に「登りやすく、登山入門に最適」と書いてある。確かに危険個所は少ないが、アプローチは長い。富山駅からバスで2時間揺られ、折立の登山口から5時間登り、ようやく太郎平の小屋に着く。翌朝に3時間半かけて喘ぎ登り、ようやく山頂へ。立山から縦走するルートもあるが2泊を要する。

2009年夏、黒部源流の山から谷を隔てて薬師岳を眺めて、薬師岳のアプローチが長い理由を納得した。薬師岳には「北アルプスの女王」の別名があるが、この女王様は楚々たる美女ではなく、大きなお尻をどっしりと据えた貫禄充分な大女だったのだ。

笠ヶ岳  標高 2989m  登頂: 2003年9月 

山の姿は見る角度によって随分変わるものだが、笠ヶ岳の山頂部は、どの方角から見ても同じ笠の形をしている。火口丘にも見えるが、この山は火山ではないので氷河のいたずらかもしれない。山頂直下の小屋で山頂ビールの美味を覚えた。

焼岳  標高: 2455m  登頂: 2003年10月

北アルプス唯一の活火山。1915年の大爆発で大正池を作り、現在も奥飛騨温泉郷のボイラー役を勤めている。上高地と飛騨の両側から比較的容易に登れ、山頂からの穂高連峰や笠岳、乗鞍岳の展望が素晴らしい。日本では火山の登山規制が厳しすぎると思うことがあるが、焼岳の山頂部の登山道は噴気孔のすぐ脇を通り、強い硫黄臭を嗅ぎながら登る。この火山の噴火予知には自信があるのだろうか。

薬師岳と太郎平小屋 望遠で見た薬師岳山頂 薬師岳山頂 山頂からの眺め 太郎平から水晶、鷲羽 太郎平で 有峰口駅はレトロ調
弓折岳から笠ヶ岳 縦走路から穂高連峰 笠ヶ岳山頂 焼岳と大正池 焼岳山頂付近 山頂直下の火口湖 焼岳山頂から笠ヶ岳 焼岳から穂高、上高地

乗鞍岳 標高: 3026m 登頂: 2001年8月

乗鞍岳には山頂近くまで舗装道路が通じ、労なくして3000mの高山を体験できる。この道路の前身は旧日本軍の軍用道路だった。高高度を飛ぶ米軍のB-29に対抗するため、航空機エンジンの実験施設を乗鞍山頂に設け、その為の道路が急造されたのである。空襲には役に立たなかったが、戦後になって改良を重ね、有料の乗鞍スカイラインとして平和利用されているものである。

我々は松本側からの無料道路を使った。当時は自家用車で畳平まで登れたが、路上駐車が数キロ下まで伸びていた。我々はうまい具合に摩利支天下で空きを見つけ、2時間程で山頂を往復した。現在は自家用車では登れないが、環境保全には多少の苦労があっても良い。

常念岳 標高: 2857m  登頂: 2003年7月

少年時代の3年間を松本で過ごしたが、北アルプスを眺めて魅了された記憶がない。百名山を歩くようになって、松本市内から北アルプスの名峰が見えるかどうか、確かめてみた。北アルプス南部の槍、穂高などは前山に遮られて見えず、北部の鹿島槍や白馬などは遠くて見えない。例外は常念岳で、市の北東部に行けば、ピラミッドが上半身を見せる。今も常念岳に特別な親しみを覚えるのは、校庭から見た常念岳が潜在意識に残っているせいかもしれない。(補綴: 常念岳は2011年に登りなおした

 
乗鞍山頂から交通渋滞を見下ろす 山頂部 乗鞍のコロナ観測所 乗鞍山頂直下の雪渓は夏スキーのメッカ 冬の乗鞍高原スキー場から
常念岳。美ヶ原から 燕岳から表銀座の稜線 表銀座にも難所はある 常念岳と常念小屋 常念山頂から槍ヶ岳 涸沢と穂高岳 常念から剣岳 常念から鹿島槍ヶ岳

五竜岳  標高: 2814m  登頂: 2005年9月

バヌアツから帰国休暇中にあわただしく登った。八方尾根のゴンドラとリフトを使えば、労せずに標高1800mに達し、リフト終点から唐松小屋まで、汗もたいしてかかずに登れる。だが唐松岳から五竜小屋への稜線には、緊張を要する岩場がある。小屋から五竜山頂までの急斜面のトラバース(斜め横断)では、しばしば滑落事故が起きている。国費を使っての帰国休暇ゆえ絶対に事故を起こすなと厳重注意を受けた身だったが、何もなくて良かった。

槍ヶ岳  標高: 2180m  登頂: 2004年7月

槍ヶ岳登山もハイライトの筈だが、百名山の中で最も惨めな登山だった。槍沢小屋では土砂降り停滞の登山者でギュウ詰めになり、雨中の登りに加えて山頂付近の強風に、軽量の連れ合いが吹き飛ばされて転げ落ちた。登頂を翌朝に繰り延べたものの山頂は濃い霧の中で、左の証拠写真を撮って下山した。 (槍ヶ岳は2010年に登り直した)

唐松尾根のマツムシソウ 唐松小屋から五竜岳 五竜山頂から火打・妙高方面 五竜岳から剣岳 五竜岳から鹿島槍ヶ岳 遠見尾根から五竜岳 遠見尾根から白馬方面 遠見尾根から鹿島槍北壁